母趾内転筋

母趾内転筋のお話

不定期で書いていく筋肉の話、前回は短趾屈筋について書きました。そして今回は母趾内転筋です。

  • 短母趾屈筋
  • 短小趾屈筋
  • 短趾屈筋 ☚前回はこれ
  • 母趾内転筋 ☚今回はこれ
  • 母趾外転筋
  • 小趾外転筋
  • 小趾対立筋
  • 虫様筋
  • 足底方形筋
  • 短母趾伸筋
  • 短趾伸筋
  • 底側骨間筋
  • 背側骨間筋
  • 母趾内転筋の位置

    母趾内転筋は足裏の筋肉の中で一番深い所にある筋肉です。しかも、斜めに行く筋肉と横に行く筋肉という2パターンありますので少しややこしい筋肉です。斜めに行く筋肉は、立方骨【足首の外くるぶしの少し前側にあり捻挫をすると一番捻る付近の骨】とその隣にある楔状骨と2,3中足骨【足趾の付け根、甲を形成】からスタートし、親趾の基節骨【母趾球よりも先の方、親趾の第二関節の骨】に着きます。そして、横に行く筋肉は第3趾~5趾の中足骨【足趾の付け根、甲を形成する】の先の方から親趾に向かって横に行きます。その後、親趾の基節骨【母趾球の先、親趾の第二関節の骨】に着きます。斜めに走る筋肉も横に走る筋肉も親趾に着く辺りでは交わって1本になります。施術をするときに気を付けているのは、二頭に分かれているどちらの筋肉に問題があるのかです。二頭筋はいくつかあるのですがこの場合は小さく、深いため施術をするにしてもしっかりと触診し、悪い個所を探し出すようにしています。

    母趾内転筋の機能

    機能、つまり働きとしては、字の通り親趾を内側、つまり小趾の方向に近づける働きをします。そして、斜めに走る筋肉は土踏まずのアーチを作るという役割も持っています。ですので、ここがうまく働いていないということは、土踏まずが無くなる、偏平足になりやすいということです。施術をするうえで、アーチの形成を診ることは重要です。これが腰痛に繋がることも考えられます。腰痛があり整体を受けに来られた方で、足を施術すると腰痛が取れることも結構あります。

    母趾内転筋の鍛え方

    現代人は靴を履くことが当たり前になっています。そのことでこの筋肉が弱化してしまうことが多いです。ここをうまく使うには、施術をしていくことも一つですが、普段から草履などを履いて親趾と人差し指で挟む動作が一番です。そうすることで親趾を小趾に近づける動きをすることになります。施術をしながらの場合は、術者の指を挟んでもらいます。上手く挟むことが出来れば、問題無しですができない人の方が多いです。

    母趾内転筋のストレッチ

    この筋肉を伸ばすには、親趾を外側に開いてあげる動作をします。なかなか趾を開く動作はしないと思いますが、これも鍛えるというよりは慣れることが一番だと思います。例えば、足でジャンケンなんかも結局は慣れの問題で、鍛えようと思ってやるよりは遊び感覚の方が強いと思います。そうすると開く動作も閉じる動作も同時に行うことになるので、筋肉をものすごく使うことになります。今挙げた話は筋肉の使い方ですので、ストレッチ目的で伸ばす場合は手を使って親趾を開いていって上げると伸ばされる感覚が掴めると思います。これも施術をしながら伸ばすこともあります。その他、特に長い距離を歩いたり走ったりした場合は疲労が溜まりやすい筋肉でもありますので、しっかりストレッチをしてあげると怪我の予防にもなります。そして長距離を走る競技をされている方はこまめに伸ばしてあげると良い筋肉です。

    各症状別ガイドへ行く
    施術症例を見る

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事一覧

    1. 名古屋市オリア施術院七夕のイラスト
    2. 名古屋市オリア施術院お知らせバレンタイン
    3. 名古屋市オリア施術院と焼き芋をしている女の子のイラスト
    4. 名古屋市オリア施術院パンジーのイラスト
    5. 名古屋市オリア施術院イルカのイラスト

    BLOG

    CATEGORY