名古屋 整体

母趾外転筋

母趾外転筋のお話

現在不定期で書いている筋肉話は足底筋シリーズです。今回は・・・

内転筋が来ればもう次は外転筋です。筋肉は上下左右前後大中小内外と密接に関わりながら機能しています。

母趾外転筋の位置

母趾外転筋は踵骨隆起【踵の骨の、所謂カカトの部分、アキレス腱がある場所】の内側突起【踵の骨から足裏に行く過程で土踏まずが始まりそうな場所】と屈筋支帯【内くるぶしの下辺りの部分】、そして足底腱膜からスタートします。そこから母趾の基節骨の内側【親指の第二関節辺り、ちょうど外反母趾で飛び出る辺り】に着きます。この筋肉は母趾球の膨らみ部分の筋肉でもあります。また、土踏まずを形成している筋肉でもあります。ということは、施術をする時にはアーチの形成などしっかりと確認しなければいけない所です。

母趾外転筋の働き
外反母趾との関連

働きとしては、これも字のごとく親趾を外に開く時に働きます。それともう一つ屈曲、曲げる時にも働きます。ですので、足の趾で握る動作をするときにもこの筋肉は機能していることになります。ということは、地面を捉える動作をする時にも働いているということです。以前この筋肉話で紹介した短趾屈筋はこの母趾外転筋の下に位置します。上下の関係にありますので当然筋膜との繋がりもありますし、働きも屈曲作用がありますので共同して働くわけです。地面を捉えること、即ち歩いたり走ったりする距離が長くなれば疲労します。整体の仕事をしているとマラソンが趣味の方が来られることもあるのですが、そういった方は大体この筋肉は疲労しています。また、屈筋と同じ働きがありますので外反母趾にも関わっています。この外反母趾も整体の仕事をしているとよく聞かれます。この筋肉が着く場所がちょうど外反母趾の飛び出している付近であることを考えると当然この筋肉も関係しています。そして機能低下を起こしてしまうと足のアーチも崩れます。土踏まずを形作っている筋肉が働かなくなるので当然崩れてしまいます。機能低下を防ぐには、施術をしていくことも大事ですが、筋肉を意識してしっかりと使うことが必要です。使い方については次の項目で書きます。

母趾外転筋の鍛え方

外に開く動きが主ですので、親趾を開く動きをするのですが、これは相当練習しないと難しいかもしれません。子どもは案外あっさりと出来てしまうかもしれませんが、大人になるとそういった感覚を段々と忘れてしまいます。特に外反母趾がある程度進行していて、尚且つ何年も経っている人は結構難しいと思います。ですので開く動作はゆっくりと練習していけばいいです。施術をしながら筋肉を使う練習もしていきます。最初のうちは、感覚を掴む為に手で開くような補助をしてあげるのも一つの方法です。(施術の中で取り入れています)そしてもう一つの屈曲動作。これも大事です。曲げる動作はこの筋肉も関わると何度も書きましたが、それはこの屈曲動作を練習して欲しいからです。この曲げる動きがしっかり出来るようになると外反母趾や偏平足の予防にもなりますので、整体を受けられるよりも日常の中で使えるようにした方が改善は早いかもしれません。

母趾外転筋のストレッチ

反対にストレッチをする場合は親趾と小趾をくっつけるようにすると伸ばされるような気がしますが、踵骨【踵の骨】から親趾までの縦の筋肉ですので母趾球を伸ばす、土踏まずを縦に広げて上げるような動きをすると伸ばされます。これも施術の中で取り入れていきます。この筋肉は足関節のみの筋肉ですので足首の姿勢や状態は特に関係ありませんので座りながらでも気楽にストレッチをすることができますので、整体を受ける云々よりも自分でケアした方が早いかもしれません。また、外反母趾の予防にもなります。

症状別ガイドへ行く
施術症例を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 名古屋市オリア施術院ポピーのイラスト
  2. 名古屋市オリア施術院パンジーのイラスト
  3. 名古屋市オリア施術院とマーガレットのイラスト
  4. 名古屋市オリア施術院
  5. お知らせと金魚鉢のイラスト2

CATEGORY

営業時間

10:00 - 21:00
【当日の最終受付-18:30】
【完全予約制】
時間外のご予約はご相談下さい。

定休日

不定休
お休みを頂く際はホームページのTOPICSに掲載いたします。

備考

  1. 桜通線・野並駅4番出口(野並交差点)から東海通を天白川に向かって徒歩約5分
  2. お車でお越しの際は提携先の【名鉄協商パーキング・野並・野並第2・第6】をご利用下さい。駐車券をお渡し致します。
  3. 【※】駐車券は提携先のコインパーキングのみご利用いただけます。

    ご予約

    TEL.052-750-8638
    TEL.070-4430-1519
    (業者の方は070の番号におかけください)