名古屋 整体

足底方形筋

足底方形筋のお話

不定期で書いている筋肉話、今書いているのは足底筋シリーズですが足底筋も後半になってきました。前回は虫様筋でした。さて今回は

足底方形筋の位置

今回は足底方形筋です。この足底方形筋の特徴はスタート地点が2カ所あるということと、着く場所が長趾屈筋腱であるということです。長趾屈筋腱と言えば前回書いた虫様筋のスタート地点です。ですので長趾屈筋腱を間に介して、虫様筋と連結している筋肉がこの足底方形筋になります。ではスタート地点から。踵骨【かかとの骨】の内側突起【母趾外転筋もここからスタート】と外側突起【小趾外転筋もここからスタート】からスタートします。位置関係は短小趾屈筋の一枚下になりますので、短趾屈筋をめくると足底方形筋があります。この踵骨内外側突起からスタートし裏側のど真ん中、土踏まずの中心付近にある長趾屈筋腱に着いて終わります。施術をしていくときに気を付けることは足底筋膜炎や踵骨棘との鑑別です。筋膜炎はまずは炎症を抑えることを優先し、足底方形筋の負荷を減らす施術をします。棘は画像での検査が一番分かりますし、程度によっては施術をしたとしても痛みが消えないこともあります。

足底方形筋の働き

働きは人差し趾~小趾の第2関節を曲げる働きと、長趾屈筋の働きをサポートします。また、着く場所や働きが人差し趾~小趾の屈曲ですので、長趾屈筋の1つと捉えられる場合もあります。まぁ確かに働きは同じですし、くっ付いていますので同じ筋肉と言えなくもないのかもしれません。そしてこの筋肉は場所的にツボ押しなどで指圧するときの場所になりますので、アーチが崩れて居たり長趾屈筋に問題がある人は押した時に痛みが強いかもしれません。また、位置的にも短趾屈筋の下にありますので踵の痛みや踵の骨棘の一因にもなるかもしれません。長距離スポーツをされている方は疲労が溜まって痛みの原因にもなりえます。そして、この筋肉の働きが落ちるということは長趾屈筋も機能低下しているということになります。長趾屈筋は大きく長い筋肉です。この筋肉が機能低下を起こしているときは間違いなく足底アーチは崩れています。長趾屈筋を施術しなければいけない時はセットでこの足底方形筋も施術する必要があります。また、加齢と共に骨棘の原因となる可能性もあります。この場合は施術では取り除くことができません。初期のなりかけの場合は進行防止になるかもしれませんが、ある程度進行し、棘が大きくなってしまっていると痛みを取るのは難しいかもしれません。

足底方形筋のストレッチ

ストレッチは足裏の真ん中を掴んで伸ばすイメージです。筋肉が踵から足裏の真ん中付近までという短い筋肉ですので、趾先を伸ばすストレッチよりも短い範囲を伸ばすイメージで伸ばしていきます。整体を受けるときだけではなく普段からストレッチしておくことが大切です。

足底方形筋の鍛え方

足底方形筋は長趾屈筋の働きを補助する筋肉です。ですので直接この筋肉を動かしてトレーニングするというよりは、長趾屈筋を動かすことで間接的に鍛えることになります。足首を底屈【アクセルを踏む動作】させた状態で2~5趾を動かしてみると足裏の踵に近い辺りで足底方形筋が動くのが何となく分かるかと思います。この時は主には長趾屈筋を動かしていますのでこの方法は長趾屈筋の鍛え方になりますが、足底方形筋の場所や動きを感じ取るときにはこの方法がいいかと思います。これも施術をしながら動かしてもらい、感覚を覚えてもらいます。

症状別ガイドへ行く
施術症例を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 名古屋市オリア施術院太陽のイラスト
  2. 名古屋市オリア施術院お知らせバレンタイン
  3. 名古屋市オリア施術院あじさいイラスト
  4. 名古屋市オリア施術院藤の花イラスト
  5. 名古屋市オリア施術院菜の花のイラスト
  6. 名古屋市オリア施術院七夕のイラスト

CATEGORY

営業時間

10:00 - 21:00
【当日の最終受付-18:30】
【完全予約制】
時間外のご予約はご相談下さい。

定休日

不定休
お休みを頂く際はホームページのTOPICSに掲載いたします。

備考

  1. 桜通線・野並駅4番出口(野並交差点)から東海通を天白川に向かって徒歩約5分
  2. お車でお越しの際は提携先の【名鉄協商パーキング・野並・野並第2・第6】をご利用下さい。駐車券をお渡し致します。
  3. 【※】駐車券は提携先のコインパーキングのみご利用いただけます。

    ご予約

    TEL.052-750-8638
    TEL.070-4430-1519
    (業者の方は070の番号におかけください)