名古屋 整体

短母趾伸筋

短母趾伸筋のお話

不定期で書いている筋肉話、足底筋シリーズも残りが少なくなってきました。前回は足底方形筋について書きましたが、今回は

短母趾伸筋の位置

遂に、伸筋が出てきました。今までは屈筋【折り曲げる筋肉】しか出てきませんでしたが、今回は遂に伸筋【趾や関節を伸ばす筋肉】の登場です。細かく言うと甲側の筋肉ですので足底という訳ではないのですが。これは一番最初にも書きました。ということで短母趾伸筋なのですが、スタートは踵骨【踵の骨】の上側になります。もう少し細かく書くと、外くるぶしの少し前側付近です。この場所は足根洞と呼ばれる場所で怪我や障害が起きやすい場所でもあります。捻挫で最も痛めたり捻ったりしてしまうのもこの付近です。痛めた場合はしっかりと処置をして治療をしないと後々に問題を残してしまう場所です。踵骨上面と下伸筋支帯【腱を留めるバンドのような役割をする組織】からスタートします。そして甲を親趾に向かってやや斜めに行き、親趾の甲側の付け根の趾背腱膜に着きます。施術をしていくときに気を付けるのは足根洞症候群と呼ばれる障害です。これは足首の奥の方が痛い、歩行時や凸凹道で痛みや痺れが出るといった障害です。原因は足根洞なのですが、もっと細かくどこに問題が起きているのかを見極めて施術をする必要があります。問題が起きる可能性の1つとして短母趾伸筋があります。

短母趾伸筋の働き

働きとしては、これも字の通り母趾の伸展【趾を伸ばす】です。特につま先立ちをする時にはこの筋肉が主に働きます。親趾を伸ばすようにしたときに浮き上がってくる筋が短母趾伸筋になります。また、親趾以外の趾を伸ばす短趾伸筋とセットでも働きます。つま先立ちの時にフルで働きますので、スポーツの時は欠かすことのできない筋肉です。この筋肉が働かないとジャンプ動作等に支障が出る可能性があります。瞬発系のスポーツをしている方は疲労が溜まりやすいですし、ケガの原因にもなる可能性がありますので施術を含めてしっかりとケアする必要があります。

短母趾伸筋の鍛え方

トレーニング方法としては前脛骨筋を鍛える方法の応用として親趾の付け根にゴムバンドを巻きすねに近づけていく方法や、椅子に座っている状態で親趾を床から浮かせる動作をすることによって鍛えることが出来ます。しっかり意識して行うと、すねの骨である前脛骨筋と共に甲にも張りを感じることが出来ると思います。施術をする中でも親趾を意識してこの筋肉を使ってもらいながら動く感覚を掴んでもらいます。

短母趾伸筋のストレッチ

最後にストレッチ方法としては、親指を付け根からしっかり曲げることで伸ばされます親趾のみを包むようにホールドし付け根を母趾球に向かって折り曲げるようにすると甲の付近が伸ばされる感覚が出てきます。この筋肉も踵骨や足根洞と関わる筋肉ですし、他の場所の影響を受ける可能性のある筋肉ですので障害が起きた場合はしっかりと機能を診て必要であれば施術を行わなければいけません。伸ばした時に痛みが出る場合は注意が必要ですし、施術をする前に軽く牽引をかけて検査していきます。

症状別ガイドへ行く
施術症例を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 名古屋市オリア施術院土用の丑のイラスト
  2. 名古屋市オリア施術院水芭蕉のイラスト
  3. 名古屋市オリア施術院
  4. 名古屋市オリア施術院とススキのイラスト
  5. 名古屋市オリア施術院とお月見団子のイラスト

CATEGORY

営業時間

10:00 - 21:00
【当日の最終受付-18:30】
【完全予約制】
時間外のご予約はご相談下さい。

定休日

不定休
お休みを頂く際はホームページのTOPICSに掲載いたします。

備考

  1. 桜通線・野並駅4番出口(野並交差点)から東海通を天白川に向かって徒歩約5分
  2. お車でお越しの際は提携先の【名鉄協商パーキング・野並・野並第2・第6】をご利用下さい。駐車券をお渡し致します。
  3. 【※】駐車券は提携先のコインパーキングのみご利用いただけます。

    ご予約

    TEL.052-750-8638
    TEL.070-4430-1519
    (業者の方は070の番号におかけください)