背側骨間筋

背側骨間筋のお話

不定期で書いている筋肉についての話です。足底筋シリーズも残すとところ今回を入れて後二つとなりました。

背側骨間筋の位置

背側骨間筋は足の甲にある筋肉ですが、ここにある筋肉はこの筋肉と前回の短趾伸筋、前々回に書いた短母趾伸筋のみです。何となくご自身の甲を見ていただけると分かると思うのですが、そんなに筋肉がある肉肉しい感じ(この表現が正しいのか分かりませんが)がしないと思います。実際にそんなに深い場所にある筋肉ではなく、かなり表面にあります。位置としてはまさしく甲、やや趾先に近いほうの各趾の付け根の間にあります。字の通り骨の間にあります。スタート地点は各趾の中足骨【甲の部分】の間からスタートし、2趾~4趾【人差し趾、中趾、薬趾】の基節骨【第3関節】に付きます。施術をする視点でみるとこの筋肉は障害が起きるというのはあまり無いのかもしれません。ただ、スポーツをされている方は疲労が蓄積しやすい筋肉です。地面を捉える時に働きますので歩行や走行動作の時には欠かせない筋肉です。施術をするときは筋膜リリースも交えながら疲労回復を目指します。

背側骨間筋の機能

働きとしては、人差し趾、中趾、薬趾を外に開く動作と、屈曲、折り曲げる動作をするときに働きます。手の甲にもこの背側骨間筋は存在しますので、手の指を開く、曲げるときに働くイメージはしやすいのかもしれませんが、足の趾を開くとなると普段することがほぼ無いと思いますのでイメージできないと思います。動きは微妙ではありますが、足の趾もやや開く動作をします。毎日練習すると恐らく実感出来る?のかもしれません。曲げる伸ばすは足の趾でもできるとは思いますが開く動作は難しいです。こどものときから練習していればできるとは思いますが。そして、この筋肉は歩行や走行時に加重がかかり趾が開く動きをすることにより衝撃を吸収または逃がしているのですが、繰り替えしの動作で疲労が蓄積されます。怪我をするということはあまりありませんが、施術を含めて定期的に疲労と取ったり、普段からのケアにより安定したパフォーマンスを維持することができます。

背側骨間筋の鍛え方

鍛え方は趾をギュっと閉じるように力を入れていくことです。ただ、普段からしっかりと歩くことが出来ていれば鍛えられているはずですのでまず問題ないと言えます。施術をするときでもこの筋肉に問題があれば歩行動作にエラーがあるはずですので、施術をする前に歩き方を確認します。

背側骨間筋のストレッチ

ストレッチ方法は、手で親趾~小趾を握るようにして圧迫していくと、外に開くのとは反対の動きである内転動作になります。また、甲の部分を足首に向かって押してあげることでも伸ばされます。この筋肉に疲労が溜まっている方に対して施術をする場合はこの動きを入れていきます。

症状別ガイドへ行く
施術症例を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 名古屋市オリア施術院ポピーのイラスト
  2. 名古屋市オリア施術院土用の丑のイラスト
  3. 名古屋オリア施術院とトンボのイラスト
  4. 名古屋市オリア施術院菜の花のイラスト
  5. 名古屋市オリア施術院とマーガレットのイラスト
  6. ピンクハナミズキのイラストとお知らせ

BLOG

CATEGORY