名古屋市の整体

底側骨間筋

底側骨間筋のお話

不定期で書いている筋肉についてのお話です。長々と書いてきた足底筋シリーズも今回が最後です。前回で甲側の筋肉が終わりました。最後に書くのは、底側骨間筋です。

底側骨間筋の位置

足底筋シリーズ最後の筋肉、底側骨間筋です。この筋肉は第3~5趾【中趾・薬趾・小趾】の中足骨【土踏まずを小趾の方に辿っていく辺りの骨】内側【親趾側】からスタートし第3~5趾の基節骨【第3関節の骨】の内側に付きます。中趾・薬趾・小趾の3本を合わせて底側骨間筋と呼びます。裏側の筋肉では一番深い場所に位置しています。なので施術をしていくにしてもかなり深い位置まで探らないといけません。

底側骨間筋の働き

働きは中趾・薬趾・小趾を内側に、つまり趾を閉じる動きと屈曲、折り曲げる時に働きます。よく言われることとして、趾の間に物を挟み、引っ張っても抜けなければこの筋肉がしっかり機能していると言われます。(施術をする前に実際にやってもらうこともあります) 趾を閉じる働きをするので、足裏の横アーチの形成にも関わっています。手のひらを最大までパーの状態にしてテーブル等の平たい場所にベタ付けして、指を閉じるように動かすと手のひらの部分だけが少し浮いてくると思います。これがアーチの形成です。足の裏も同じで、常に圧力がかかっている足裏ではこのアーチによって衝撃を吸収し逃がしています。底側骨間筋の機能が落ちるとこれが崩れてしまい、ベタ付けの状態になってしまいます。そうすると歩行中に摩擦が増えるので足裏の圧力が集中する場所に魚の目やタコが出来やすくなります。この時点では特に何も起きない人の方が大半だとは思いますが、施術をしていく時には重要な情報です。ここを改善しないと膝や股関節、腰痛が取れない場合があるからです。最初は腰痛などの症状で来られた方でも全身をよく診てみるとこういった細かい部分の改善が必要な人もいます。

底側骨間筋の鍛え方

トレーニングやエクササイズの方法としては、先程も書きましたが趾で物を挟み抜けないようにする練習が一番効果的で行いやすいのではないでしょうか。最初は厚手のタオル等で始め、摩擦力があるものが簡単だと思います。慣れてきたら、徐々に薄く滑りやすい物に変えていくといいでしょう。これが出来るようになると横アーチがしっかり形成されるようになるはずです。これも凄く地味な方法ですので自宅で行ってもらうのが一番なのですが、施術をしていく中で使ってもらい、筋肉を動かす感覚を覚えてもらいます。

底側骨間筋のストレッチ

ストレッチ方法としては小趾から薬趾、中趾と順番に外側に開くようにすると伸ばされます。横アーチを無くすような動きをするわけです。元々これが崩れている人などは、常にこの状態ですので底側骨間筋は常時伸ばされている状態です。筋肉は伸ばされている状態が長く続くと筋力が低下してしまい上手く縮む働きができなくなります。横アーチが崩れている場合は無理にエクササイズやトレーニングを始めるのではなく、施術を通して関節や靭帯の柔軟性なども考えて筋肉の状態を元に戻してから始めたほうが負担が少なく済みます。このストレッチも施術をしながら伸びる感覚を覚えてもらいます。

症状別ガイドへ行く
施術症例を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 名古屋市オリア施術院カタツムリのイラスト
  2. 名古屋市オリア施術院イルカのイラスト
  3. 名古屋市オリア施術院桜のイラスト
  4. 名古屋市オリア施術院七夕のイラスト
  5. 名古屋市オリア施術院イルカの円のイラスト
  6. 名古屋市オリア施術院あやめイラスト

BLOG

CATEGORY

営業時間

10:00 - 21:00
【当日の最終受付-18:30】
【完全予約制】
時間外のご予約はご相談下さい。

定休日

不定休
お休みを頂く際はホームページのTOPICSに掲載いたします。

備考

  1. 桜通線・野並駅4番出口(野並交差点)から東海通を天白川に向かって徒歩約5分
  2. お車でお越しの際は提携先の【名鉄協商パーキング・野並・野並第2・第6】をご利用下さい。駐車券をお渡し致します。
  3. 【※】駐車券は提携先のコインパーキングのみご利用いただけます。

    ご予約

    TEL.052-750-8638
    TEL.070-4430-1519
    (業者の方は070の番号におかけください)