名古屋市の整体

前脛骨筋

前脛骨筋のお話

不定期で書いている筋肉についての話です。前回と前々回で下腿三頭筋について書きました。今回は

  • ヒラメ筋
  • 腓腹筋 ☚前回はこれ
  • 前脛骨筋 ☚今回はこれ
  • 後脛骨筋
  • 長腓骨筋
  • 短腓骨筋
  • 第三腓骨筋
  • 足底筋
  • 長母趾屈筋
  • 長趾屈筋
  • 長母趾伸筋
  • 長趾伸筋
  • 膝窩筋

前脛骨筋の位置

今回は前脛骨筋です。下腿の前部外側、脛骨【すねのぶつけると痛い場所】の外側にある筋肉です。膝のお皿の下側から弁慶の泣き所の外側を足首に向かって縦長に付いている筋肉です。具体的なスタート地点としては、脛骨外側面と筋間中隔【各々の筋肉を区分けする膜、前脛骨筋の場合は脛骨と腓骨の間にある骨間膜とを区分けする膜】からスタートします。そのまま脛骨に沿うように下に向かって行きます。そして、ここが前脛骨筋の特徴なのですが、スタートは脛骨の外側で沿うように行くのですが、足首に近いところで脛骨を乗り越えて内側に入ってきます。付く場所は内側楔状骨【土踏まず部分にある骨】と親趾の中足骨底【母趾球から土踏まずまで】に付きます。この筋肉は膝下の前側を施術するときには必ずチェックする筋肉です。後述するコンパートメント症候群の好発部位ですし、スポーツをする際には必ず疲労が溜まる箇所だからです。ここも筋膜リリースを交えながら施術をしていく場合があります。

前脛骨筋の働き

働きとしてはつま先を背屈【持ち上げる】時に一番働く筋肉です。それから足首の内反【小趾側に体重をかける動き、よくある足首を捻挫する動作】の動きにも少し関わります。これは外側からスタートし、途中で斜め方向に行き内側に付いて終わるためです。歩いている時に地面に躓くことなく歩くことができるのはこの前脛骨筋がしっかりと働いているからです。前脛骨筋がしっかりと機能しないと歩行中に躓きやすくなってしまいます。また、拮抗筋【反対の動きをする筋肉】である腓腹筋【つま先を下げる時に働く筋肉】とのバランスが崩れてしまうので、相対的に腓腹筋の力が強くなってしまい腓腹筋に疲労が溜まりやすくなります。そして、付着部である内側楔状骨と母趾中足骨は足底の内側アーチを形成する骨です。前脛骨筋がしっかりと働くことによって内側アーチを形作る骨を上に引っ張ってくれます。しかしこれが機能低下してしまうと内側縦アーチが崩れてしまい偏平足の原因の一つになってしまう可能性もあります。それから、内反捻挫を繰り返している場合は足首が常に内反気味になり前脛骨筋に過剰な負荷がかかり下腿前部【すねの外側】や足裏の前脛骨筋の付着部である土踏まず付近に痛みが出てしまうこともあります。施術をする際にはこれらのバランス関係をみながら行っていきます。

前脛骨筋の障害

前脛骨筋はコンパートメント症候群の好発部位でもあります。コンパートメント症候群とは交通事故や骨折、打撲などにより下腿の内出血が起きてしまい組織の中の内圧が上昇してしまいます。内圧が上昇することにより血管を圧迫してしまい血行障害が発生します。血行障害が起きることにより栄養が届かず細胞が壊死してしまいます。これがコンパートメント症候群で、前脛骨筋はこの障害が起きやすい筋肉です。その他、下垂足と呼ばれる障害が発生することもあります。下垂足は腰にある神経が傷害されてしまうか腓骨頭の部分で腓骨神経が傷害されてしまうことにより、足を背屈【足首から先を反らせる動き】させることができなくなり、垂れ下がってしまう症状です。椅子に座りながらでも簡単に出来るチェック方法で、つま先をしっかり上に持ち上げることができるかどうかで判断することが可能です。普段の生活の中で躓きやすくなってしまうといったことが続くことで気づくこともあります。この下垂足は腰の部分の神経か膝下の腓骨部分での神経障害で起きるのですが、脳血管障害で起きることも極希にあります。脳血管障害の場合は片麻痺【身体の半分が麻痺してしまい動かせなくなる】が一般定期な症状ですが、極希に限局性の麻痺としてピンポイントでの麻痺しか出ない場合もあります。見分け方としては、歩き始めはしっかり足首から先を持ち上げることができたけれど、途中から持ち上げることが困難になってしまった場合は脳血管障害の可能性が高いです。普段の生活の中で動き始めから足首が持ち上がらないのか、途中から持ち上がらなくなるのかはとても重要な見分け方です。ほんの些細なことがその後の健康状態に大きく影響する場合もあります。施術で出来ること、出来ないことを見極めることが最初に行うことです。その後に改善できるのであれば施術を行い、体の機能回復を目指します。

前脛骨筋の鍛え方

トレーニング&エクササイズですが、これはつま先を持ち上げる動作で鍛えることができます。椅子に座りながらこの動きをしても構いませんし、立ちながら片足ずつ持ち上げても構いません。その他、仰向けで寝転びながらでも可能です。施術をしている最中は仰向けになることが多いので、その際に使う感覚を確かめてもらうこともあります。

前脛骨筋のストレッチ

ストレッチはつま先を下に伸ばす動きで伸ばされます。更に、足を外反【親趾の付け根を外に向けるような動き】させる動作を加えると最大限ストレッチをかけることができます。施術中は術者が伸ばしていきますが、ご自身で行ってもらう場合には仰向けでは難しいです。立ちながら伸ばす際も何かに摑まりながら伸ばす方が安定します。一番良い方法は座りながら伸ばす方法です。

症状別ガイドへ行く
施術症例を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 名古屋オリア施術院とトンボのイラスト
  2. 名古屋市オリア施術院母の日カーネーションのイラスト
  3. 名古屋市オリア施術院傘のイラスト
  4. 名古屋市オリア施術院土用の丑のイラスト
  5. 名古屋市オリア施術院カタツムリのイラスト

BLOG

CATEGORY

営業時間

10:00 - 21:00
【当日の最終受付-18:30】
【完全予約制】
時間外のご予約はご相談下さい。

定休日

不定休
お休みを頂く際はホームページのTOPICSに掲載いたします。

備考

  1. 桜通線・野並駅4番出口(野並交差点)から東海通を天白川に向かって徒歩約5分
  2. お車でお越しの際は提携先の【名鉄協商パーキング・野並・野並第2・第6】をご利用下さい。駐車券をお渡し致します。
  3. 【※】駐車券は提携先のコインパーキングのみご利用いただけます。

    ご予約

    TEL.052-750-8638
    TEL.070-4430-1519
    (業者の方は070の番号におかけください)