筋肉の話

足底筋

足底筋

ということで定期的に書いている筋肉についてです。只今書いているのは下腿筋シリーズで前回までは腓骨筋系についてでしたが今回は再び下腿後面【ふくらはぎ】に戻ります。ということで

足底筋の位置

今回は再びふくらはぎに戻って足底筋です。この足底筋は下腿三頭筋【腓腹筋とヒラメ筋を合わせた呼び名】のヒラメ筋に寄り添うようなイメージで走行する筋肉です。腓腹筋の下にあるヒラメ筋ですがその横っちょに沿うように下降していきます。スタートは大腿骨【太ももの骨】の外側上果【膝のお皿の上外側】の後面からスタートします。そこからヒラメ筋の内側【ふくらはぎの内側】を通り、踵骨【かかとの骨】アキレス腱の内側に付着します。特徴としてはまず、とても細長い筋肉です。そして、二関節筋です。大腿骨【太ももの骨】からスタートするということは膝を乗り越えた場所からスタートするということです。膝の関節と足首の関節の二つの関節を跨ぐので二関節筋です。これは腓腹筋と同じであり、ヒラメ筋は単関節筋です。先程も書いたように足底筋はとても細長い筋肉であるため、筋腹が短いです。その為腱部分がかなり長くなっていることも特徴です。整体施術をする際には下腿三頭筋をメインで診てしまうことも多いのですが、補助の役目をする足底筋も時には探っていく必要があります。特に下腿の疲れが取れにくい人は深層の足底筋まで深く潜った整体施術をしていく必要があります。

足底筋の働き

働きとしては、同じ二関節筋の腓腹筋と同じく膝の屈曲【折り曲げる動作】と足関節の底屈【アクセルを踏む動作】です。しかし、筋腹が短く細長い為、腓腹筋ほどの力を出すことはできません。どちらかと言うと腓腹筋をサポートする筋肉というイメージでしょうか。ただ、サポートといってもスポーツをされている方などは疲労を溜めると故障の原因にもなりますので、一つの筋肉として整体施術していく必要があります。

足底筋の鍛え方

鍛え方も腓腹筋をしっかりと使うことにより足底筋も同じく鍛えられます。立位でつま先立ちをすると腓腹筋と共に使われます。足底筋をより意識していくのなら気持ち内股のようにしてつま先立ちの動作を行うと足底筋に刺激が加えられるかもしれません。ただ、あくまでも下腿三頭筋、特に腓腹筋の補助筋ですので腓腹筋がしっかり働いてこその足底筋であることを忘れてはいけません。整体施術をしながらでないと伝えにくいような特徴的な動きやコツはないので簡単に鍛えることができるかと思います。

足底筋のストレッチ

ストレッチ方法としてはアキレス腱を伸ばす動作でストレッチされます。特にアキレス腱に関する筋肉は疲労が溜まりやすく故障の発生しやすい個所です。整体施術中だけではなく普段から柔軟性を保つことが大切です。ケガや障害についても、足底筋を痛めるということは腓腹筋も痛めている可能性が高いです。メインとして働く筋肉と補助として働く筋肉の両方がバランスよく働くことが重要です。ただ単に整体施術をするだけではなく互いの筋肉の関係性も見ることが大切です。

症状別ガイドへ行く
施術症例を見る

-筋肉の話