部位別症例紹介

【30代女性】肩こり・頭痛・股関節痛

施術症例【30代女性】肩こり・頭痛・股関節痛

十年以上続く肩こりと、酷いときには頭痛も随伴症状として出現する。頭痛は重だるい、締め付けるような痛みで、後頭部やこめかみ付近、眼の周りに現れる緊張型頭痛
また、最近歩いていると左の股関節に痛みが出る。
部位は鼠蹊部の辺りで、そこまで痛みが強くはないが気になるとのこと。肩こりに関しては肩甲挙筋の過緊張と肩甲胸郭関節の機能低下、フィクセーション、それに伴う菱形筋と起立筋の過緊張と、中部胸椎のフィクセーションが診られたため、筋肉に対しての施術を行った後、関節の調整を行った。
頸椎は上部頸椎と後頭骨のフィクセーションがみられたため調整を行った。股関節に関しては屈曲時の制限がみられたことと、ハムストリングの伸長低下と仙腸関節の制限がみられた。
股関節には屈曲制限に対する調整と伸延方向の調整を行った。
その後ハムストリングスに筋膜リリースとストレッチを行い、仙腸関節の調整を行った。

施術症例の項目へ戻る
症状別ガイドへ行く

-部位別症例紹介