体幹・腰部・骨盤の症例

施術例紹介【30代男性】ぎっくり腰

主訴:ぎっくり腰【30代男性】

昨日、腰を痛めたことにより来院。元々腰痛持ちで、過去に急性腰痛の既往歴あり。幸い全く動けないほどの痛みではないが、仰向けで姿勢を変えるときや起き上がるときには腰に痛みが出る。下肢に痺れは無く、SLR等も陰性ではあるが腰椎屈曲時には痛みが強い。また、両側の腸腰筋の弱化がある。その他の筋力は正常。他、起立筋過緊張と5/Sの機能障害がみられた。初回は筋力低下の改善を目指し、腰部の安定化を目的として施術を行う。体位変換は負担が増すため仰向けの状態は変えずに行う。腸腰筋は過緊張と圧痛が強いため慎重に行った。初回の施術で痛みは多少残るものの、腸腰筋の筋力は回復。2回目の来院時ではやや痛みは残るものの仕事への支障は低下。腸腰筋の筋力低下は見られず、維持できていた。この時の施術は5/Sの関節調整と起立筋の緩和を行う。体位変換での痛みも軽減しているため、うつ伏せの状態で施術を行う。2回目の施術終了時点で腰部の屈曲時の痛みも低下。ただし、やや違和感は残るとのこと。3回目の来院時はほぼ腰の痛みは消えているとのこと。ただ、以前のように腰の違和感は残っているため、引き続きメンテナンスを行いながらの施術を継続。

-体幹・腰部・骨盤の症例