腰に関連する疾患と症状

腰に関連する疾患と症状

このページでは、腰痛のページで紹介した特異的腰痛、つまり原因がはっきりと分かる腰痛についてのリンクページです。整体で改善できるものもあれば病院で検査をした方が良いものもあります。整体を受けられる前の参考にしてみてください。(現在編集中です。随時更新していきます)

ぎっくり腰:筋肉や腰の関節、靭帯の損傷

原因が分かる腰痛の代表格とも言えるぎっくり腰について書いています。整体をしていても聞くことの多い言葉ですし、整体をする機会も多い症状です。

椎間板ヘルニア

ヘルニアは飛び出ている現象を言います。この飛び出しているものを戻すことは整体ではできません。ただ、整体施術をすることにより痺れ等の症状を改善させていくことは出来る可能性があります。ヘルニアでの圧迫度合いにもよりますので整体を行う前に画像検査を受けておくとスムーズに整体を行えます。

椎間板の変性

ヘルニアと被りますが、もう少し椎間板に関して詳しく書いています。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は症状が特徴的ですので、整体を行うのか病院で外科的処置を行うのかは状況によります。確実なのは一度画像診断をしたうえで、手術の必要は無いと言われた。けれども症状があるという時には整体を行って改善する可能性もあります。

腰椎の圧迫骨折と骨粗しょう症

この場合は整体で改善は出来ません。整体でできることは圧迫骨折を予防するか、骨折がある程度治癒した後の予後を良くして生活の質を落とさないようにすることです。

変形性脊椎症

疾患と言うよりは年齢による体の変化のことです。体に症状が現れる場合とそうでない場合があります。状況に応じてどのような整体をしていくかを考えていきます。

感染症

腫瘍

​心因性腰痛:うつや神経症、心身症

症状別ガイドへ戻る
施術症例を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 椎間板ヘルニアのイラスト|名古屋市
  2. 圧迫骨折のイラスト|名古屋
  3. ぎっくり痛で辛そうな女性のイラスト|名古屋

BLOG

CATEGORY